美文字についてもっと詳しく知りたいなら、
美文字と綺麗な文字が集まる図書館の情報がおすすめです。

簡単に綺麗な美文字を書くコツと練習方法

簡単に綺麗な美文字を書くコツと練習方法

簡単に綺麗な美文字を書くコツと練習方法

パソコンやスマートフォンが普及して、自分の手で手紙などを書く機会が激減しています。

しばらく字を書いていないと、手書きで書類などを書くときにとっさに字がでてこなかったりキレイに書けなくなっていたりしませんか?

字をキレイに書くには、反復練習をするのが一番良いのですが、やみくもに練習をしても上達はしません。

そこで字がキレイになる練習方法などについて紹介します。

字を書くときの基本をおさえる

字を書くときの基本といえば、正しい姿勢を保つことや筆記具を正しく持つことが挙げられます。

姿勢を正しく保つことは、字のバランスを見る上で重要ですし、筆記具の持ち方が正しくないと、キレイな線を引くことができず、結果としてキレイな字を書くことができません。

 

また筆記具の角度は、鉛筆、ボールペン、万年筆などで少々違ってきます。

どの程度寝かせて字を書いていくのかは、試し書きなどをして確認しましょう。

 

字を書くときに意識すべきこと

基本をおさらいした後は、字を書くときに意識すべきことをおさえていきましょう。

 

小学校の頃などによく言われたことかと思いますが、「とめ、はね、はらい」を意識することが第一です。

ひらがなを書くときも幹事を書くときもこの3つが基本となります。

 

また、字をキレイに書くには頭のなかに自分の理想とする字のバランスが無いと意味がありません。

字の練習をするときは、自分の理想としている字のバランスに近づけるように丁寧にゆっくりと書いていくようにします。

 

ひらがなを書くときには曲線と余白のバランスに気を配り、漢字を書くときには偏や旁、冠や足などが均等に正方形の中に収まるイメージをしながら書いていくと、キレイな字になっていきます。

 

練習帳を活用する

何もお手本が無い状態で字の練習をしてもすぐに上達はしません。

インターネットで「美文字 練習」というキーワードで検索すると、無料で使うことができる字の練習帳のテンプレートや習字の先生が監修した字の練習帳を見つけることができます。

これらを活用して練習していくことをお勧めします。

美文字トレーニング用iPhoneアプリ「きれいな字」「美文字」とは?

 

あまり時間が取れないという人は、自分の名前や住所を優先的に練習していくのもお勧めです。

 

美文字への道は反復練習から

美文字を書くコツは反復練習あるのみです。

いくら字をキレイに書くための基本などをおさえていても実際に書いたときに線が崩れていては意味がありません。

反復練習には、自分が理想とするお手本を頭に刻みこむという意味と、しっかりと線を引けるようになるためという意味があります。

 

「とめ、はね、はらい」に注意しつつ、余白のバランスが取れているのかを意識して練習を繰り返していけば、自ずと美文字になっていきます。

汚文字女王!佐藤かよさんの1ヵ月美文字トレーニングがすごい!!

 

さいごに

「IT化が進んでいる現代で手書きの書類に意味があるのか」ということが議論されるようになりました。

ビジネス文書など、定形の言い回しが多い書類には確かにパソコンなどの機器を使ったほうが良いかもしれませんが、メモを取る時などは手書きのことが多いのではないでしょうか。

そのときにみっともない字を晒すのは思いのほか恥ずかしい思いをするものです。

IT化が進んでいる今だからこそ、キレイな字を書けるようになりたいものです。

 

クセ字を直して今よりも文字のバランスをランクアップさせるちょっとしたコツとは?

クセ字をなおして美文字を書く方法