綺麗な名前を書くための美文字トレーニング

綺麗な名前美文字
文字の綺麗さというのは、その人の印象を左右しますよね。

上品で素敵だなあと思っていた人の字が汚かったら、
なんとなく残念な気持ちになってしまいます。

ですが、通信教育などにお金をかける余裕はない…というあなたに、
気軽にできる簡単な美文字トレーニングをご紹介しましょう。

Sponsored Link



1.今すぐにできる!キレイに名前を書くコツ

文字を書くときには、どのように書いているでしょうか?

今から変えられるもっとも簡単なポイントは、
1本1本の線を、「ゆっくりと・丁寧に・最後まで」書くということ。

基本的なことじゃないか、とお思いになった方もいるでしょう。
ですが、基本ができなければ応用も難しいですよね。

 
そこで、私自身も試してみました。
普段はさらさらと書き付けることが多いのですが、1画ずつ丁寧に…と。

確かに急いで書いた時よりも、線がまずはっきりしました。
さらに、バランスも良く書けたような気がします。

簡単なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

2.ためになる!美文字トレーニングの方法

■線の書き方

・横線
横線は少し右肩上がりに仕上げ、終わりの線をしっかりと留めるのがポイント。
なお、2本以上並ぶ場合は、平行になるように整えるのがコツです。
間隔は同じにしましょう。

・縦線
横線は角度をつけましたが、縦線の場合はまっすぐに書くのがポイントです。
線の終わり方は文字によって「はね」「はらい」「とめる」など異なります。
「はね」や「はらい」は中途半端に終えず、最後までしっかり引き切りましょう。

 
■キレイに見せるコツ

・大人っぽさ
丸い文字の場合、キレイに書いても可愛らしさや子供っぽさが出てしまいます。
そこで、少し面長な印象とし、角がきちんと分かるように書くと大人っぽくなります。
この大人っぽい字も魅力の1つなのです。

・カタチの良さ
文字がキレイに見えるコツは、全体のバランス、
つまり「カタチの良さ」なのです。

カタチ良く書くといっても、あまりイメージが湧きませんよね。

「筆順を常に意識」し、次はどこへペンを向けるのかと
「文字の流れを常に頭に入れて書く」ことがポイントです。

そのほか、パーツ別にもコツがあります。

たとえば、「口」というパーツは台形気味に、
文字の左側をつくる「へん」は重心を右よりに持ってくるなど。

 
いかがでしたか?

お金をかけなくても、今はありがたいことに
インターネットでさまざまな情報が得られます。

ぜひ自分だけの美文字レッスンに挑戦してみてくださいね。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す