美文字のための六度法の3つのルールとは? まほうの下敷きの効果

最近、美しい文字が書けるようになるということで
「六度法」が話題になっています。
六度法3つのルール
どんな方法なのか?

どのような効果があるのか?

などをご紹介しましょう。

Sponsored Link



1.「六度法」とは?

■書道との違いは?

考案者の富澤先生によると、
書道は何度も同じ文字を書いて覚える「記憶模倣方式」

1文字1,000回も繰り返して書くようにと言われているそうです。

 
富澤先生は、書道が持つすばらしい芸術性を認識する一方で、
日常的に使用する字の書き方、それをより美しく読みやすくする技術を研究したそう。

書道が「心」を大切にするのに対し、
先生の唱える「六度法」では「技術」が要となるようです。

きれいな字を書くために着目したのが、中国の石碑の文字。

その古典の中でも「完璧な楷書」といわれる文字を分析し、
3つの法則を発見したのだそうです。

 
■ルール1:右上がり六度法

これは「一画目は右に6度あげる」というルールです。

先生が実験を重ねたところ、字のカタチがよくなるのは
「6度強」の角度で右に上がる場合です。

「六度法」という名称もここから来ているのだそう。

「6度」のイメージがむずかしければ、
時計を「14分」に合わせてみてください。

この角度がちょうど6度になるそうです。

 
■ルール2:右下重心法

これは、「右下の『はらい』を十分に引っ張る」というルールです。

右上がりにすると文字が傾くため、右の下に重心をかけることによって
バランスを取るという方法です。

たとえば「人」という漢字を書く時に、左下のはらいよりも、
右下のはらいをすこし伸ばすといった例が挙げられます。

このルールが適用されるのは漢字の7割だそうですよ。

 
■ルール3:等間隔法

これは、何本かの線が平行するときには
「等間隔に書く」というルールです。

たとえば「三」、「川」など。

なお、すべてのルールがすべての字に当てはまるわけではありません。

この3つのルールを意識しながら文字を書いてみて、
当てはまる部分を体得していくのが良いでしょう。

私も試してみましたが、このルールを念頭に置くだけでも、
文字を丁寧にしっかりと書けるようになりました。

ぜひ試してみてくださいね。

2.お子さんの文字をきれいに♪「子ども六度法ノート」

さて、お子さんの文字が汚いと先生に注意されてしまった
親御さんもいるかもしれません。

教えようとしても、ただ文字を書かせるのは嫌がってしまいますよね。

 
そこでおすすめなのが、「子ども六度法ノート」です。

この1冊で、ひらがな、カタカナ、縦書き・横書きのすべてをカバーしてくれるそう。

特長は小学校1年生~6年生までで習う漢字1,006字を
画数順にすべて収録していること。

お手本文字はすべて先生の手書きなのだそうですよ。

また、マンガのキャラクターがポイントごとに
アドバイスをくれるので親しみやすいですね。

 
さらに、ノートにしくだけで六度法が身につくという
「まほうの下じき」もついてくるそうなんです。

実際に使ってみた方の声としては、

「下じきの線に合わせようとするため、以前より丁寧に鉛筆を動かすようになった」

というものもありました。

大人用のノートもありますから、お子さんと一緒に始めてみてはいかがでしょう?

 
■動画

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す